リスクの少ない不動産投資信託で安定した生活を送ろう

男性
マネー

入居率を高めること

退職をした後に収益を得ようと退職金を利用してアパート経営をする人もいます。アパート経営を行なう時には、家賃保証を利用するとよいでしょう。家賃保証は、不動産業者がアパートの家賃収入から修理、苦情などの管理をすべて任せることができる制度です。そのため、安定した収益を得ることができます。

つみき

民泊を成功させるために

主な利用客が外国人観光客のairbnbは、幅広いプランを選択できる代行サービスが好評です。コンサルティングの役割もあり、学びながら利益が得られます。アイデアが人気部屋を作り出す秘訣で、代行サービスが実現に導いてくれます。言葉の問題解決と売上アップにも必須のサービスです。

女の人

運営内容と組織自体を見る

マンション管理がちゃんとできているかどうかは、そのマンションの状態を見れば一発でわかります。また、組合がきちんと機能するためには組織としての意識の高さを保つことが欠かせません。業者を選ぶさいは書面には現れない部分を見るようにしましょう。

老後の生活費を貯める方法

貯金箱

不動産から収益を得る方法

円安と株価の上昇により、日本経済にも立ち直りの兆しが見えます。しかし、財政再建への道は険しく、老後の年金についてもその支給年齢が繰り下げられたり、額も減額されています。定年延長や継続雇用で生活費を稼ぐ一方で、資産運用によりお金を殖やすことが必要な時代になっています。資産運用の有力な方法に不動産投資がありますが、これには多額の資金が必要です。そこで、不動産投資信託という選択肢があります。金融機関が小口のお金を集め、まとまった金額として運用するもので、普通のサラリーマンでは不動産投資を行うことができます。このため、個人の場合は、一つの不動産にしか投資できませんが、不動産投資信託においては、まとまったお金を複数の不動産に分散投資することができますので、リスク分散になります。

不動産への信託投資

不動産投資信託の特徴は、小額で始めることができることもありますが、年率3パーセントから6パーセントの高い配当を得ることができます。また、賃貸については、一定の安定した需要がありますので、賃貸から得られる家賃収入は大きな変動がありません。その意味において、不動産投資信託は、堅実な資産運用の一つといえます。また、不動産の直接投資や購入については、関係法令に基づく、様々な手続きが必要となりますが、不動産投資信託の場合は、金融機関とのやりとりだけで完結します。また、投資先についても専門家がその専門的知見に基づいて運用してくれますので、安心して資産を託すことができます。リスクが比較的低い資産運用方法ですので、投資の初心者に最適です。